ディズニーにモバイルバッテリー持ち込み可能?いらない必要どっち?

Disney

外出先でスマホの充電が切れてしまった‼…なんて経験、ありませんか?

すぐに家に帰れれば特に問題はないのですが、スマホを使う用事があるときには大変💦大慌てですよね。

それがディズニーのパーク内だったら…。

スマホを使用する頻度が多い現在、モバイルバッテリーを持つ人が多くなっていますが、ディズニーではどうでしょうか?

ここでは“モバイルバッテリー”について、持ち込み可能なのか?そもそもいらないのか?必要なのか?いったいどっちなのか?等についてお話していきます。

 

ディズニーにモバイルバッテリーは持ち込み可能?

ディズニーといえば持ち込み出来ないものもあったりします。

モバイルバッテリーについてはどうでしょうか?

現在モバイルバッテリーについては特に規制もなく、持ち込みは可能です。

モバイルバッテリーを自分で持っていれば、いざという時にも安心です。

エントランス前で行われる荷物検査の時にモバイルバッテリーを持ち込みして引っかかった…という事は無いですが、バッグを開けた時にすぐ見える位置に入れ、キャストさんが見た時にわかりやすくしておくのもいいと思います。

 

ディズニーでモバイルバッテリーはいらない?必要?どっち?

ではディズニーパークに行く時、モバイルバッテリーはいらないのか?必要なのか?どっちなんでしょうか?

何かを調べる・電話する等の他、電車に乗る・買い物の支払い・アプリ会員証…など色々な場面で活躍するようになっているスマホ。

ディズニーパーク内でも例外ではありません。

  • パスポートチケットの表示
  • パーク内でのディズニーリゾートアプリ使用        
  • プレミアアクセス・プライオリティ・スタンバイ等パスポート取得・表示
  • レストラン予約・確認
  • ディズニー・モバイルオーダー…等

現在は入園するところからスマホが必要であり、紙のチケットを持っていた場合でも、パーク内ではアプリを使用して手続きをすることがほとんどです。

ショーや時短でアトラクションが体験できるパスポートやレストランなどの予約が取れた場合は、予約を取るだけではなく、時間になったらQRコードを表示させて確認してもらわなくてはいけません。

更には写真や動画を撮る、待ち時間を調べる、各種支払いに利用、並んでいる間の暇つぶし…等スマホの登場はほぼ一日中と言っても過言ではありません。

普段一日では充電はそんなに減らないという方でも、いつもとは違うスピードで減ると思っておいたほうが良いです。

ですから、ディズニーパークではモバイルバッテリーは必要であるといえます。

でも荷物が増えるのは…。

ディズニーパークにせっかく行くんだから楽しみたい!出来るだけ身軽に行動したい!のは当然ですよね。

モバイルバッテリーって色々な種類出ていますが、どんな種類が適しているんでしょうか?

 

どんなモバイルバッテリーがおすすめ?

ではモバイルバッテリーはどのくらいの性能のものがいいんでしょうか?

モバイルバッテリー・容量

自分の持っているスマホの機種やどのくらい使用するのか等にもよりますが、ここ数年に発売されたスマホであれば、10000mAh位・またはそれ以上のものがいいのではないかと思います。

5000mAhくらいのものであれば、大きさ・重さ・価格全てにおいて抑えられるので、いいアイテムではありますが、最近のスマホには満充電までは出来ないので、ディズニーではちょっと物足りないかもしれません。

更に高速充電のできるタイプなら、使うまでの時短が出来てなお良いですね。

モバイルバッテリー・大きさ

大きさも様々ですが、筆者のおすすめは薄型で充電中もスマホと同時に持てるもの。

これならパーク内で急にいい写真が撮れそう!という時でも、予約の時間になっちゃったという時でも、暇つぶしに使う時でも、すぐに使うことが出来ますね。

モバイルバッテリー・機内持ち込み

ディズニーパークまで飛行機を利用される方もいらっしゃいますよね。

また現在飛行機を利用する予定のない方でも、飛行機に落ち込めるタイプのモバイルバッテリーを持っていたら便利ですよね。

大容量のモバイルバッテリーは持ち込めないものもあるようですから、注意してください。

もし持ち込めないモバイルバッテリーを手荷物で預けてしまうと、取り出す必要があります。

27000mAh以下のものでしたら持ち込み可能なようですので、それを基準にご確認下さい。

選ぶときの注意

PSEマーク

モバイルバッテリーは数多く販売されています。

価格も安く、大容量のものもあり、性能も上がってきているとは思われます。

しかし、自然に発火してしまう…という事もないわけではなく、筆者はその現場に居合わせたことがあります。

幸いすぐに対応できて大事にはならなかったようですが…持っているとき、特に充電中には気をつけたいですね。

そんな時、電気用品安全法の適合製品“PSEマーク”が表示されているかどうかを見るのもいいと思います。

2019年2月以降、技術基準等を満たしたモバイルバッテリー以外は製造・輸入及び販売ができなくなっているようですが、あくまでも申告制とのことなので消費者側も気を付けた方が良さそうです。

ちなみに筆者が利用しているのはELECOMの10000mAhのもの。

最近買い換えましたが、わずかに軽くなり大きさも小さくなっていて持ち運びにも便利です♪

もちろんPSEマークもあります。

ELECOM10000mAh , 左は数年前に購入したもの、右は現在販売されているもの

 

電源が切れそう!…万が一の時、パーク内外のサービススポットを利用できる

いつもだったら充電は切れないから用意していないとか、用意していたのにモバイルバッテリーを忘れてきてしまった!…という時、パーク内でモバイルバッテリーをレンタルできるサービスがあります。(借りる人が多い時にはなくなってしまう事も考えられますので、要注意です)

ディズニーランド・シー共に内外8~10か所レンタルスタンドが設けられており、どこでも借りられてどこでも返すことが出来ます。

ただし注意していただきたいのは、スマホの充電がまだ残っているうちに借りにいって下さい

ご利用にはモバイルバッテリーシェアリングサービスの専用アプリのダウンロードや登録が必要です。(専用アプリは設置されているレンタルスタンドの二次元コードをスキャンします)

モバイルバッテリー・レンタルサービス料金

  • 1時間未満   :180円
  • 1~2時間未満  :360円
  • 2~3時間未満  :540円
  • 3~4時間未満  :720円
  • 4~48時間未満 : 900円

※48時間以上のご利用料金は専用アプリでご確認ください。

レンタルサービス ★印の辺りにあります

パーク内での販売

パーク内でモバイルバッテリーの販売もあります。

ディズニーランドはカメラセンターをはじめ7か所、ディズニーシーはフォトグラフィカをはじめ9か所のお店にありますので探してみて下さい。

だいたいレジの近くに置いてあることが多いです。

 

ディズニーにモバイルバッテリーは持ち込み可能?いらない必要どっち?まとめ

重ねて持てるタイプは便利です

今や生活の一部ともいえるスマホ。

ディズニーでもモバイルバッテリーは持ち込み可能ですから、いらないのか?本当に必要なのか?どっちなの?と迷ったら、スマホが使えなくなったなんてことにならないように、持参することをお勧めします。

今は大容量でも小さく、以前よりも軽いものが出てきていますので、お気に入りのものを用意されるといいと思います。

ディズニーでも安心して過ごせるよう、モバイルバッテリーを持ち込み、素敵な思い出をたくさん作ってきてください!

タイトルとURLをコピーしました