ディズニーでリュックは危ないし邪魔?ダサいって本当?

Disney

ディズニーランドやシーに行く時(以下、ディズニーと表記)、荷物を入れるのはリュックが便利そう。

でも危ないとか邪魔とかいう意見があるけど、実際はどうなんだろう?

ダサいって思う人もいるみたいだけど?

ディズニーに行くと、ほとんどの場合丸一日近くパーク内で過ごすことになります。

出来れば便利で使い勝手の良いものが望ましいですよね。

しかし、リュックは危ないとか邪魔だとか、ダサいなんて声もあり、どうしようか悩みどころ…。

ここではなぜ危ないのか?そんなに邪魔なのか・ダサいのか?

更に目的別・状況別の必需品から、便利で最適なバッグの持ち方についてお話していきます。

 

ディズニーでリュックは危ない?邪魔?

 

リュックは背中に背負う事で荷物の重みを感じにくくなり、両手が空くので写真や動画を撮ったり、ショッピングをしたりする時に大変便利なアイテムですよね。

更に子連れの時などは、子供と手をつないだりお世話もしやすくなります。

では肌身離さず持っているはずのリュックが危ないのはどんな場面でしょうか?

  1. 荷物が背中…つまり目が届かないところにあるため、荷物がポケットやファスナーの隙間から落ちてしまう事があったり、それに気付くことが出来ない時がある
  2. 他の事に気を取られているうちにスリに遭ってしまう

まさかと考えがちですが実例もあるため、“自分の身には無い”とは言い切れません。

貴重品もすべてそこに入ってることになりますので、当然危険は伴います。

ただ、当然 背中に背負っていますから、邪魔にはなりにくいです。

邪魔になってしまうとすれば、リュックを肩から下ろした時ですが…それはどのバッグでも同じという事になりますね。

以上の事を考えると、背負っている間だけでも邪魔にならない分、邪魔ではないと言ってもいいのではないかと思います。

 

ディズニーでリュックはダサい?

ディズニーでリュックはダサいのでは?と悩む方もいらっしゃいますが、リュックの利便性を考えたら、利便性のほうが勝るのではないかと思います。

リュックといっても、最近はいろいろな色やデザインのものがありますから、ファッションに合わせて選ぶことも十分に出来ると思います。

あくまで個人の好みではありますが、ディズニーのパーク内ではリュック持ちの方が多くいらっしゃいます。

それほど気にすることはないと思います。

 

ディズニーでリュック!便利なバッグの持ち方

ではどうするのがいいのでしょうか?

必要な荷物も人それぞれではありますが、共通しているのは…貴重品。

リュックが危ないのは、荷物がすべて背後…目が届かない場所にあるからですよね。

そこでおすすめなのが、リュックの他に斜め掛けのショルダーバッグを併せ持つ方法です。

斜め掛けのショルダーバッグに貴重品を入れ、そして貴重品以外の物は全てリュックに入れて持ち運びます。

では、その利点がたくさんありますので分けてお伝えしていきます。

便利な持ち方ーメリット① 危険を回避

貴重品の入ったショルダーバッグ、自分の体の前に下げておけば落とし物をしそうなら気付くことが出来ますし、危険も回避出来ます。

便利な持ち方ーメリット② 物を取り出しやすい

パーク内では食事や気になるグッズ・お土産を買うためにお財布を出すことが多くあります。

それからスマホも手に持つことが多くあります。

待ち時間の暇つぶしに限らず、チケットやアトラクション・ショーやパレードといったほぼ全てのことがスマホアプリで行われる現在は特にスマホはかなり頻繁に使うことが多くなっています。

こうしたことからも、背中に背負ってしまうと不便になってしまう物は、常に出しやすいところに持っているのが都合がいいのです。

便利な持ち方ーメリット③ 身軽に行動できる

その人の状況やその日の気温や行動(パレードが見たいから敷物が必要とか)にもよりますが、数時間リュックの中身が必要にならない時などは、リュックだけロッカーに預けておけば身軽に行動できます!

コインロッカーはパーク内・外、メインエントランス付近にあり、大きさによってお値段が変わります。

コインロッカー情報

パーク内・メインエントランス付近

  • Lサイズ(600円):約50×36×42
  • Mサイズ(500円):約37×36×42 または 約37×36×57
  • Sサイズ(400円):約29×36×42

パーク外

  • XXLサイズ(800円):約117×36×57
  • XLサイズ(800円):約77×36×57

 

リュックひとつなら一番小さいロッカーSサイズで十分です。

同伴者と一緒に入れるのも良いですね。

お金はかかってしまいますが、これはかなりオススメです!

コインロッカーの使用は1日限りです。

快適すぎて帰りに持ち帰るのを忘れないで下さいね。

便利な持ち方ーデメリット 荷物が二つある

この方法でデメリットといえば、荷物が二つになってしまう事。

荷物の量が増えるのが耐えられない方には、残念ですが向きません。

リュックに入る大きさならば、貴重品に用がない時はショルダーバッグごとリュックにしまってしまうのもいいかと思います。

 

ディズニーで目的別おすすめバッグ

では持ち物について確認してみましょう。

ディズニーランド・シーに行く(以下パークInと表示)目的が何であるのかによって、更には状況によっても持ち物が違ってきます。

アトラクションにたくさん乗りたい!

アトラクションにたくさん乗るぞー!という時は身軽が一番です。

ですから荷物も最小限、本当に必要なものだけを持って行って下さい。

財布、スマホ、ハンカチ、携帯充電器(数は限られますがパーク内にレンタル有)、常備薬、雨の日なら折りたたみ傘などです。

ショルダーバッグだけで荷物がまとまってしまうなら、それだけでいいでしょう。

ちなみに、これは本当に最小限なので、全ての人に共通します。

 

ショーやパレードが見たい!

ショーやパレードを見ることが目的の場合は、少しだけ必需品が違ってきます。

アトラクションに乗りたい人の荷物に加え、レジャーシート(自分が座れる分の大きさ)、帽子(日差しを遮る)、日焼け止め、季節に合わせてクールタオルや使い捨てカイロ等です。

貴重品の入ったショルダーバッグとリュックに他のものを入れ、ショーやパレードが見終わったらリュックをロッカーに預けてしまうといいですね。

 

グッズがほしい!お土産を買いたい!

この場合は必需品という程ではないですが、ショッピングバッグが有料であること、手提げタイプなので、いくつも買うと(キャストさんが“まとめますか?”と言ってくれたりもしますが)多くなって持ちづらくなる事などの理由から、サブバッグをあらかじめ持っていくか、大きめのリュックなどで行くといいと思います。

お店に行くタイミングでサブバックやリュックがあればいいので…同様にその他の時間は預けておけますね。

 

子連れで行く

子連れ、特にお子様が小さければ小さいほど荷物が多かったりしますよね。

紙おむつ、おしりふき等普段の必需品はそれぞれだと思いますので省略させていただきます。

まずベビーカーと抱っこ紐はあったほうが良いアイテムです。

ベビーカーは皆さまご存じですが、お子様を乗せる他、荷物をかごに入れておいたり、S字フックで下げておいたり出来るので便利ですよね。

そして抱っこ紐ですが、最近はいろいろな種類が売られていますね。

筆者が使って便利だったのは子供を座らせる座面があるウエストポーチ

少し大きめになってしまいますが、貴重品は守られるし、子供を抱っこする必要があるときにはすぐに抱っこできるし、ウエストポーチに座らせるので手や肩が痛くなりません。

その他、ウエットティッシュも持ち歩く方が多いと思いますが、“〇十枚入り”より一回分ずつの個包装がおすすめ(かさばらず、軽くもなる)。

必要頻度にもよりますが、タオルや着替えなどはパーク内でも買えます。

それをお土産として買うのもひとつです。

 

ディズニーでリュックは危ない?後記

ディズニーランド・シーに行く時にはリュックだけでは危ないこともあるという事、それを回避するおすすめの持ち方について筆者の経験からお伝えしてきました。

ただディズニーパーク内だけではなく、リュックで危ないことは他でも伴いますので、皆様お気を付けください。

それではディズニーランド・シーにて、快適にお過ごしください✨

タイトルとURLをコピーしました